【調布市】2020年3月3日・4日に行われた深大寺だるま市に行ってきました!新型コロナウイルスの影響はあったのでしょうか!

2020年3月3日(火)4日(水)に行われた「深大寺だるま市」に行ってきました。
春を呼ぶ深大寺だるま市として名高く、毎年10万人の人出がある、深大寺最大の行事です。
今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止を受け、縮小開催となっておりましたが、影響はあったのでしょうか。

【調布市】2020年3月3日・4日は年に一度の深大寺だるま市!新型コロナウイルスによる影響で、縮小開催となります。

参道は例年同様、様々な屋台が出店していました。
奥までズラーっと並んでいますね。

深大寺だるま市の屋台

上記写真の撮影は11時頃ですが、写真の通り人は少なかったです。
例年ですと、歩くのも大変なくらい賑わっていますが、人が並んでいる屋台は見られませんでした。

境内に並ぶだるまの出店

境内に入ると、だるまを売る店がギッシリと並んでいます。
だるまを売る店の出店自体は各店の判断になるとのことでしたが、たくさんの店が出店していましたよ!
ただ人出は少なく、例年に比べると活気は少なめ。
それでも、たくさんのだるまを見ながら歩くと、お店の方が元気よく声をかけてくださいます。

大小さまざまなだるまが売られています

「値引きするよ!」「どんどん触って、いい顔のだるまを選ぶんだよ!」「どんなだるまを探してるの?」
左右から声を掛けられて、ついつい目移りしてしまいました。
この声掛けの活気や自分の目でだるまを選べるのが、だるま市の醍醐味です。
一見、同じように見えるだるまですが、お店によってお顔や色等の特徴がありますよ。

購入しただるま

それぞれ違うお店で購入しましたが、お顔の書き方や全体的な雰囲気が全く違いますよね。
自分好みのだるまを見つけるのは、宝探しのようです。
ちなみに、右側は埼玉のだるまなのだそう。左のだるまさんに比べると、いろいろと控えめですよね。

ぱんだだるま

なかには、こんなにかわいいパンダだるまも!
お値段も1000円で、お手ごろです。

だるまの目入れ

だるまを購入すると、深大寺の和尚さまに目入れをして頂くことができます。
左目には物事の始まりを示す「阿」の文字を入れて開眼し、納めるだるまの右目には物事の成就を意味する「吽」の文字を入れて寺に納めます。
これは深大寺特有のもので、古来から伝わる「阿吽の呼吸」という言葉が由来しているそうです。
筆者も開眼していただきました。

購入しただるま

例年は待機列に収まらないほどの人が並びますが、今日は空いていて「こんな事は初めてだ!」といらした方は言っていました。
和尚様は、ゴム手袋にマスクで、新型肺炎対策は万全!
また、だるま市限定の御朱印も並ばずに頂くことができました。

だるま市の限定御朱印

新型コロナウイルスの影響を受けて、今年のだるま市は例年の10分の1の人出だということ。
実際、今年のだるま市開催については、ニュースでも取り上げられ様々な意見があったようです。
それでも、開催を望む声は多く、地元の方をはじめとした「深大寺だるま市」を毎年楽しみにしている人たちがゆっくり過ごしている印象を受けました。
今年は断念された方も、来年は是非いらしてくださいね!

(ちゃぴん)

2020/03/05 07:53 2020/03/05 07:53
ちゃぴん

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集